« なんじゃもんじゃの木 | トップページ | 白蓮 »

2014年5月20日 (火)

かきつばた

「なんじゃもんじゃ」の花を見た後は兼六園へ。

ちょうどカキツバタの花が見ごろでした。兼六園はこの頃が一番いいかなと私はいつも思います。

カキツバタといえば在原業平。
毎年このブログにも書いていますが、あの有名な伊勢物語に出てくる和歌です。

 からころも
 きつつなれにし
 つましあれば
 はるばるきぬる
 たびをしぞおもふ

三河の八橋というところまできたとき、即興でかきつばたの文字をを句の頭において詠んだという話です。

“か・き・つ・ば・た” “お・も・て・な・し” なんとなく五文字が日本人は好きなのかな・・・

和歌の詳しい説明はこちら →伊勢物語第九段
朗読もあります →朗読

Kakitubata1

Kakitubata2

Kakitubata3

|

« なんじゃもんじゃの木 | トップページ | 白蓮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222059/59676713

この記事へのトラックバック一覧です: かきつばた:

« なんじゃもんじゃの木 | トップページ | 白蓮 »