百人一首

2016年1月27日 (水)

忍ぶ恋 式子内親王

忍ぶ恋つながりで、式子内親王の歌です。

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」 式子内親王(しょくしないしんのう)

“玉の緒”は魂と体をつないでいる紐みたいなもので、これが切れるということは死ぬことを意味します。
“死ぬのなら死んでもいい、生きていれば耐え忍ぶ心も弱まるだろうから”

なんともすさまじい歌ですね。
やはり女は怖い。前の二人の男とは迫力が違います。

式子内親王は斎宮という身分でもあり結婚することも許されず、藤原定家との噂もあり、悲しい人生を送ったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

忍ぶ恋

忍ぶつながりで、平兼盛の歌の前に置かれているのが参議等(さんぎひとし)のこの歌です。(参議等=源等)

浅茅生(あさぢふの)の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき」 参議等

“あなたのことをずっと思い焦がれているのですが、もう耐え忍ぶこともできないくらいになってきました”

ちょっとストーカー的ともとれますが、今のところはまだ思っているだけのようです。
忍ぶといっても忍者のように忍んで行って付きまとっているのではありません。

この歌の前半の部分ですが、

「浅茅生の小野の篠原しのぶとも 人知るらめやいふ人なしに」古今集、よみ人知らず

を本歌としています。
これではほとんどパクリと今では言われそうですが、こういう本歌取りという手法なので、この時代では白紙撤回しろとかいう突っ込みはなかったようです。

しかし半分くらい替えただけで、前の歌とはがらりと変わってまた素晴らしい趣が出てくるところは作者の力量ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

歌合せ

「恋すてふ」と「忍れど」の歌が続いたので、歌合せについて少し書いておきます。
この時の歌合せの様子はかなり詳しく伝わっています。
天徳4年(960年)3月30日、村上天皇の御前での歌合せです。

 平兼盛 「忍れど色に出でにけりわが恋は 物や思ふと人のとふまで」
 壬生忠見 「恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか」

この二首で競うのですが、帝の御前ですからすごいプレッシャーだったでしょう。
どちらの歌も甲乙つけがたく選者も困っていたところ、村上天皇が「忍れど」と口ずさんだ。ということで源兼盛のほうを勝ちとした。
というなんとも怪しい判定です。帝も実は迷っていたが、先に口に出たのがこっちだった。のかも・・・
判定を後から聞いた二人はこの事情を知っていたかどうかは知りませんが、負けた忠見のほうは、この後食事ものどを通らなくなり、死んでしまいます。歌合せも命がけですね。
Gosyo
歌合せが行われた京都御所、清涼殿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

忍ぶれど

前回の記事の壬生忠見と歌合わせの会で争った平兼盛の歌です。

「忍れど色に出でにけりわが恋は 物や思ふと人のとふまで」
“分からぬようにしていた恋なのに 人に聞かれるほど顔に出てしまったよ”

百人一首ではこの二つの歌が続けて取り上げられています。
兼盛のほうは身分も高く余裕はあったと思われますが、忠見は身分も低く命がけだったのですね。
私はどうしても忠見の「恋すてふ」のほうを応援してしまいますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

ちはやふる

競技かるたを題材にしたアニメ「ちはやふる」というのが人気らしいです。Gyaoでも何話か見られるので見てみましたが少女マンガが原作にしては結構面白い。おじさんが見ても楽しめます。
百人一首や平安時代好きな女子を雅美女というようですが、カルタ好きな女子は「かるたガール」とでもいうのでしょうか?そういえば最近「囲碁ガール」というのが急増しているらしいのですが、私の周りでは残念ながら囲碁オヤジしか見かけませんね・・・

おっと、いつのまにか話が囲碁ガールにいってしまいましたが今日の和歌は「ちはやふる」でした。

普通は「ちはやぶる」といいますが、このアニメでは「ちはやふる」です。

「ちはやぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」
在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)
(ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれないに みずくくるとは)

百人一首の在原業平の歌ですが、ちょっと意味はややこしいですね。
『ちはやぶる』は神代にかかる枕詞。『からくれない』は当から伝わった染料『唐紅』。『みずくくる』はみずが染め上げられたという意味です。

「竜田川に流れているきれいな落ち葉は、唐紅に染め上げたようだ。こんな美しい光景は神代の時代からも聞いたことがない!」 訳してみるとこんな感じ。

この歌は結構好きな歌です。龍田川は見たことはありませんが情景が目に浮かぶようです。
写真は昨日の金沢市中央公園付近。

Siyakusyo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

大江千里

秋は感傷的になります。
今日も奇麗な月が見えました。今回も百人一首からです。

「月見れば千々に物こそ悲しけれ 我が身ひとつの秋にはあらねど」 大江千里

“秋の月を見ているといろいろなことが物悲しく思える 秋は私にだけくるのではない、誰の所にも来ているはず。悲しいのは私だけではないのか?”

上の句はわかりやすいのですが、下の句の『我が身ひとつの』の部分はどう訳せばいいのか難しいですね。皆さんならどう訳しますか?

実は大江千里(おおえのちさと)のことを私はずっと女性だと思っていました。なんとなく女性的で感傷的な和歌ですよね。名前も「ちさと」だし^^;

たまには月を見て感傷的になるのもいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

源 実朝

「世の中は常にもがもななぎさ漕ぐ 海士の小舟の綱手かなしも」

(よのなかは つねに もがもな なぎさこぐ あまの おぶねの つなでかなしも)

最近はこういうしっとりとした歌が心に響きます。この歌はちょっととっつきにくかったのですが、最近になってだんだんよさがわかってきたような気がします。百人一首の中でも一番いいのではと思うようになってきました。

源実朝は源頼朝と北条政子の間に生まれ鎌倉幕府の三代将軍として激動の中で生きています。そのあまりにも急変する世の中を常に変わらないものであってほしいと願うのがこの歌です。

『もがもな』は変わらないでほしい。
『あま』(海士)は漁師。
『つなで』(綱手)は小舟をひく綱。

あえて訳しませんが、常に変わらないでほしいと願う心と、目の前の漁師が小舟で揺られている風景があるだけです。

私も50代になってなにか分かるような気がするのですが、実朝は26歳で暗殺されています。戦乱の中で短い人生をいき和歌を愛した実朝に共感できるこのごろです。

写真は松任の海岸、
最後に松任CCZ温泉に入って夕日を眺めて連休は終わりです。

「世の中は常にもがもな・・・」

Sanetomo


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

沖の石

すっかり秋の気配かとおもったら今日の気温は33度、いつまでこの暑さは続くのでしょう。

宮城県多賀城市の末の松山のすぐちかくには「沖の石」というこれも百人一首で有名な名所があります。
ここも津波をかぶったようです。

枕詞の「沖の石」ですが、実は福井県の小浜にもあります。どちらが本物なのかは今となってはわからないようですが、小浜のほうなら近いので今度言ってみようと思っています。

百人一首の和歌はこれです。

「わが袖は汐干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾く間もなし」 二条院讃岐(にじょうのいんのさぬき)
(わがそではしほひにみえぬおきのいしの ひとこそしらねかはくまもなし)

“私の着物の袖は汐が引いても見えない沖の石のように 誰も知らないけど乾くことはありません”

いとしい人を思ってずっと泣き暮らしているのです。こんな女性が今は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

百人一首:右近

昨日は百人一首の敦忠の歌を紹介しましたので、その恋の相手である右近の歌です。

「わすらるる身をば思はす誓いてし 人のいのちの惜しくもあるかな」 右近

敦忠は結構もてていたらしく、この右近とも調子のいいことを言って神様にちかったりなんかして、しばらくはかなり親密に付き合っていたのですが後はほったらかしだったようです。

で、この右近の歌は昨日の敦忠のキザな歌を受けてかえしたものですが、

“忘れられる身だとは知りながら神様に誓ってしまいました。あなたがこれを破ったら命もなくなるという言い伝えですが、ほんとに死んだらどうしよう・・・”

なにかぶっそうな内容ですが、敦忠は38歳の若さでなくなっており、実際に天罰があたったのでは、といううわさもあります。おーこわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

百人一首の恋の歌

百人一首の恋の歌もよく読んでみると結構複雑な事情があるようです。

「嘆きつつ独りぬる夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る」 右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

道綱母は『蜻蛉(かげろう)日記』の作者です。その日記によるとこの歌は夫の藤原兼家が夜来たのですが、別の女のところに通い始めたのを聞いて門を開けず、翌朝に送った歌だそうです。

それをふまえるとこの歌の意味は“一人で寂しく寝る夜はどれだけ長いものかはあなた知っていますか、知るはずないですよね!”という感じになりますね。

こわいですなー、しかし浮気はいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)